スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
<< 独断と偏見で綴るインド・タイ旅行記(2) | main | Barock Christmas concerts >>

独断と偏見で綴るインド・タイ旅行記(3)



さて、旅の本当の目的は、モチロン、お仕事であったわけです。

Germany and India 2011-2012: Infinite Opportunities(無限のチャンス)
と題された催し物があります。
http://www.germany-and-india.com
(ここで、すごく言いたいことがあるけれど、言ったらアカンことも分かる。だから我慢する。察してくださる方もいるかしら?)


インドで7公演、タイで1公演ありました。
http://www.germany-and-india.com/en/event/211/deutsche-philharmonie-merck

まぁ、3週間弱で、8公演というのは、夢のようなスケジュールです。
プログラムも、タイ公演以外は、固定で、コンディション的には、とても恵まれていました。



インドでは、ムンバイ、プーネ、デリー、ゴア、ハイダラバード、バンガローレ、チェナイを回り、

【インド プログラム】
ベートーヴェン: レオノーレ序曲 第3番
モーツァルト: フルート協奏曲 第2番 D-dur
ブラームス: 交響曲第3番


タイは、バンコクに行きました。

【タイ プログラム】
ベートーヴェン: レオノーレ序曲 第3番
モーツァルト: フルート協奏曲 第2番 D-dur, フィガロの結婚 序曲
ブラームス: ハンガリー舞曲 第1番&5番
シュトラウス: ピチカートポルカ、ローレライワルツ、アンネンポルカ
チャイコフスキー: エフネギー・オネーギンより、ポロネーゼ&ワルツ




ムンバイ

デリー



ゴア

バルコニーも、その中にいる客も2Dです。描かれているだけ。

ハイダラバード



ハイダラバードにて、ゲーテのお偉いさん達を招いてのサロンコンサート




バンガローレ 建物がヴァイオリンの形になってる!



チェナイ


お気付きの通り、(テキトーな性格が丸出しで)全ての会場の写真がないわけです。。






ゲーテのページでアタシを見つけたので、ピックアップしてみました。

姿勢が悪い!おでこに皺を寄せて、何を見ているのでしょう。これ、リハーサル前なんです。
その証拠に、アタシの隣に座っているのは、ティンパニ奏者。w

この写真では、インドがどれほど湿気ているのか、分かると思います。弓の張り具合にご注目。

こうやって見てみると、「あこがヴァイオリン弾いてると、ビオラ弾いてるみたい」と言われるのも納得。




そして、忘れちゃいけない、今回のソリスト、言わずと知れた、バイエルン放送響のソロ・フルート奏者、ヘンリク・ヴィーゼ。
8公演中、8つのカデンツ(もちろん、自作)を披露。



そして、気さくで、日本語も得意(!)。理由は、演奏旅行で、何度か日本に行ったから、らしい。
この人の頭の中は、いったいどうなっているのでしょう。




最後の夜。即興で、ピアノをかき鳴らす、我らがマエストロ、ヴォルフガング・ハインツェル。

アレックスも、ジャズセッションに参加。

ちなみに、歌っているのは、ちょっと(?)酔っ払った、ホルンセクションのボス、ペーター。
元SWR(南西ドイツ放送響)のソロ・ホルンです。






さて、インドのお客さんですが、なかなかの曲者。

演奏中に携帯電話がなるのは、当たり前、なんなら、電話に出ちゃう。w

歩き回るし、会場から出て行くし、帰ってくるし、楽章間に拍手はするし、普通のクラシックコンサートでは、タブーな行動が多くて、
あんまり、感動していないのかな・・・とこちらが不安になる要素ばかり。


でも、最後は、「アンコール!」の嵐。

時には、移動で疲労困憊の中、アンコール3曲も弾きました。


よう分からん。




ちなみに、今回のツアー、演奏会に「休憩」と言われるものがなく、全て、ぶっ通しで弾きました。


今回の経験を通して、ひとつ、アタシが言えることは、『休憩には意味がある』ということ!






| Das Leben in Deutschland | 11:07 | comments(0) | - |

スポンサーサイト

| - | 11:07 | - | - |
Comment










05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
                           
COUNTER
アクセスカウンター
Twitter
LOGPI
Links
New entries
Recent comment
Archives
Categories
booklog
Recommend
Teatime at the Savoy
Teatime at the Savoy (JUGEMレビュー »)
Wolfgang Heinzel,Wolfgang Heinzel,Opera Swing Quartet,Philharmonie Merck
OS4とMerckフィルの最新CD。ピアノのハインツェルさんが、カルテットをオーケストレーションしての、ライブ録音です。
Recommend
Swinging Opera Melodies
Swinging Opera Melodies (JUGEMレビュー »)
Opera Swing Quartet
KA歌劇場のメンバーで構成されているJazzカルテットの4枚目のアルバム。
今のところ、6枚出ています。
一度は聞いてみるべき!
Recommend
Schwansinn
Schwansinn (JUGEMレビュー »)
Opera Swing Quartet
KA歌劇場のメンバーで構成されているJazzカルテットの2枚目のアルバム。

今のところ、6枚出ています。

一度は聞いてみるべき!
Recommend
Os4
Os4 (JUGEMレビュー »)
Opera Swing Quartet
KA歌劇場のメンバーで構成されているJazzカルテットの1枚目のアルバム。
今のところ、6枚出ています。
一度は聞いてみるべき!
Recommend
Recommend
Jazz in Paris: Oscar Peterson-Stephanie Grapelli Quartet, Vol. 1
Jazz in Paris: Oscar Peterson-Stephanie Grapelli Quartet, Vol. 1 (JUGEMレビュー »)
Oscar Peterson & Stephanie Grapelli Quartet
アレックスとの出会いは、ジャズとの出会いでもありました。
Recommend
風と共に去りぬ
風と共に去りぬ (JUGEMレビュー »)
ビビアン・リー
ヴィヴィアン・リー大好き。
ワーグナーのように長いけど、見飽きない!
Recommend
クラシック・アーカイヴ・シリーズ ダヴィッド・オイストラフ
クラシック・アーカイヴ・シリーズ ダヴィッド・オイストラフ (JUGEMレビュー »)

こんなところに載せることもないんだろうけど…。
言わずと知れたヴァイオリンの神様。
特にチャイコンは必見!
Recommend
Recommend
ナインスゲート デラックス版
ナインスゲート デラックス版 (JUGEMレビュー »)

今まで見たジョニーデップの映画の中で一番好きかも。
ヨーロッパの綺麗な街並みと、性格の悪い本探偵コルソの「絵」が素敵♪
Recommend
ベートーヴェン:交響曲第7番
ベートーヴェン:交響曲第7番 (JUGEMレビュー »)
オルケストル・レボリューショネル・エ・ロマンティーク, ベートーヴェン, ガーディナー(ジョン・エリオット)
大学の時、ある指揮者の方から頂きました。
オリジナル楽器での演奏ですが、モダン楽器に負けず劣らず、迫力と緻密さに欠けていません。
ま、とにかく聴いてみて♪
Recommend
モーツァルト:フィガロの結婚
モーツァルト:フィガロの結婚 (JUGEMレビュー »)
ジルフリー(ロドニー), モンテヴェルディ合唱団, マルティンペルト(ヒレビ), ターフェル(ブリン), イングリッシュ・バロック・ソロイスツ, モーツァルト, ガーディナー(ジョン・エリオット)
アタシの大好きなガーディナー。
これ、ライブとは思えない素晴らしい録音です。
Profile
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM
Mobile
qrcode
Sponsored links
Opera Swing Quartet (OS4)

Facebookページも宣伝する